オーディオガイド 子供のモニュメント 2024

English

オーディオガイド 子供のモニュメント

Falla Raval de S. Agustí

こんにちは、親愛なる訪問者の皆様へ!
私たちはRavalのファージャ委員会です。今年作成したファージャのモニュメントを最大限に楽しんでいただきたいと思っています。そのために、異なる言語でのオーディオガイドを作成しましたので、細部を見逃さないようにしてください。また、ファージャという複雑な概念を理解するのにもお手伝いさせていただきたいです。ファージャはバレンシアの伝統的なお祭りです。しかし、同じ名前を私たちの通りを飾る木製、ダンボール、コルクの芸術的なモニュメントにも使います。さらに、ファージャには芸術、情熱、伝統、料理、音楽、祭り、火薬、光、色、そして精神性など、多くの概念が結びついています。
これを踏まえて、まず最初に今年建てたモニュメントをご案内し、その後、さらに聞きたい場合には、ファージャの起源、興味深い事実、そしてこれらの祭りに関する世界無形文化遺産に指定されていることについて説明いたします。
今年、私たちの子供向けモニュメントのテーマは「自然はあなたが守る芸術です」です。2匹の若い蜂たちは、人間の自然に対する行動のせいで家を失ってしまいました。今、彼らは新しい巣を探して飛び回り、それをRavalのファリャで見つけました。恐れを抱え、ますます良い生活の場所かどうかを観察したいと思っている時、ジラフのおばさんが彼女たちを見つけました。おばさんジラフがスカーフをしているのは非常に奇妙ですが、気温の変化がおかしくなっているからです。ジラフは蜂たちに、現時点ではこれが良い街で生活する場所だが、人間の行動もそれを破壊していると伝えます。そのため、彼らは蜂たちがここで生活できるという合意に達しましたが、彼らはこの街が以前の家と同じように破壊されないようにする方法についてアドバイスをしなければなりません。そして今、私たちは蜂たちと一緒にこの巣を巡り、良いことをしている異なる子供たちや動物たち、そして悪いことをしているものたちに出会います。ここで私たちは認識し、知識を持って選ぶために立ち止まる必要があります。なぜなら、自然は私たちが守る芸術なのです。
今、時間があれば、ファリャに関する興味深い情報を引き続き聞くことができます。

«Fallas»の祭りは、その魂を火に置いています。火を主役とするすべての祭りは、太陽の儀式と関連しています。ヨーロッパ、アジア、アフリカの多くの場所で、春分や夏至などの季節の変わり目を祝うために焚き火が灯されます。これらの儀式のいくつかは、古代の民族から受け継がれ、太陽儀式や浄化の儀式に結びついており、それらの一部は今日まで続いています。スペインの多くの場所でこれらの人気のある伝統を廃止することができなかったカトリック教会は、これらを吸収して聖人に捧げることにしました。その結果、夏至の焚き火はサン・ファン(San Juan)と関連し、春分の焚き火はサン・ホセ(San José)に関連しました。このため、一部の歴史家は、ファリャが実際にはバレンシアの非常に古い習慣であり、春の焚き火から始まり、今日知られている風刺的なモニュメントに進化したと考えています。
ファリャの起源に関する説明の一つは、サン・ホセと大工ギルドと関連しています。サン・ホセの守護聖人の前夜、大工たちは工房を掃除し、使い物にならない木材の残りを芸術的に積み重ねて道に出しました。他の住民も大工たちが出した木材を飾るために使い物にならないものを出しました

この伝統から、バレンシア人は年々美しく洗練されたモニュメントを制作してきました。この習慣は広がり、風刺的で滑稽な特徴を帯び、前年の注目すべき人物や状況を象徴的で風刺的な形で表現する場として発展しています。これはファリャの一部として構築されてきたさまざまなシーンを表しています。この習慣から、バレンシアでは世界に類を見ない「アーティスト・ファジェロ」の職業が生まれました。これにより、ファリャの制作はプロフェッショナル化され、木材、コルク、ポリエステルを基にした彫刻の作品を含む建築、彫刻、絵画、知恵を組み合わせた芸術的なレベルに達しました。特に知恵が必要であり、毎年製作されるバレンシア地域全体の2,000以上のファリャモニュメントは本物で異なるものであり、ユニークです。ファリャは5から30メートルの高さまであり、一部は40メートルを超え、様々なシーンや»ニノト(人形)»でいっぱいです。
これらの祭りの興味深い点は、バレンシア人が街に巨大な芸術作品を制作し、通りを遮断してまるで世界が止まったかのように見せ、数日後に前年のすべてを灼り去ることだけでなく、ファリャの週において、バレンシアやCulleraなどの都市が非常に美しく輝くことです。

Fallasの特徴的な点は、自慢のバレンシアの女性たちが着る見事なファジェーラ(Fallera)のドレスを街中で見ることができることです。これらは美しいドレスであり、製造に使用される生地が金と銀の糸で手縫いされたため、世界で最も高価な地域の衣装となっています。この衣装の最も目を引くアクセサリーは、バレンシアの女性にさらなる美しさを与える髪飾りとリボンです。
この伝統的な衣装は、16世紀に貧しい農婦の服装として生まれ、宮廷の要素を模倣したものです。すべての要素が詳細で色鮮やかなドレスに融合し、バレンシアの女性を際立たせ、世界で最も魅力的で美しい伝統的な衣装の一つになりました。
ファリャは火薬なしでは理解できません。バレンシア人は火薬の熱狂者です。実際、ファリャの週には、朝になるとファリェロ(Fallero)たちが自分たちの地区で大量かつ大音量の花火を打ち上げ、すべてのファジェーラたちを起こし、彼女たちが伝統的な衣装を着て祝祭の日を始めることを意図しています。
ファリャでは、花火の芸術的なショーが続々と行われますが、バレンシアの最も典型的なものは「Mascletà(マスクレタ)」です。
マスクレタは基本的に騒音の多い昼間の花火ショーで、120デシベルを超えることもあります。これには花火の爆発音が不可欠で、空中でのエフェクトも挿入できます。基本的な要素は、増加するリズムとパワーを達成し、地上の絶頂を迎え、それに続く空中のもう一つの絶頂を迎えることです。

ファリャの世界は今お話できる以上に広範です。各ファリャ委員会は、一年を通じて「el casal」と呼ばれる社交施設で集まり、ファリャの適切な機能を確保するために組織だけでなく、地域の拠点としても利用されます。そこでは楽しみ、週に一度の夕食のために集まり、トランプゲームに参加し、パーティーや会議に参加します。アーティストの工房を訪れてファリャの制作状況を見学し、宗教的および精神的な行事に参加し、音楽と火薬が主役のパーティーを開催し、すべてがファリャの週で結実し、情熱と感情が溢れる週で、最終的にはファリャの焼却で終わります。
最後のステップであり、ファリャの真の目的と最終目的はその焼却です。ファリャは3月19日の夜に燃えるべきです。異なる場所で穴を開け、チムニーの役割を果たす布にガソリンを含ませ、火をつけます。残りは炎の仕事です。焼却は創造と破壊の転換点を意味します。多くの人は、バレンシア人は毎年何千もの非常に高価な芸術作品を燃やすことができる狂気の人々だと考えていますが、バレンシア人にとって、ファリャを焼却することは前のすべてを終わらせ、春を迎え、その後の年に向けて新しいことを歓迎する象徴であり、これはバレンシアの伝統に根付いた儀式です。

心から、私たちのファリャのモニュメントがお好みになり、何らかの形でこの素晴らしい祭りのエッセンスを少しでもお伝えできたことを願っています。私たちをいつでも訪れていただきたいです。なぜなら、ファリャはつかの間のものであり、毎年私たちは少しでも驚かせるからです。